「障子を開けてみよ外は広いぞ」豊田佐吉記念館とスズキ歴史館に行ってきました。

豊田佐吉銅像

浜松滞在中にどこかおもしろそうなところはないかなと調べていると、豊田佐吉記念館とスズキ歴史館がでてきたので行ってきました。

豊田佐吉記念館入り口 スズキ歴史館

この数年間でビジネスのことを学びだしてから経営者や成功者といわれる方々の見方が随分変わってきました。

30歳になるくらいまでビジネスをしている人たちや成功者、偉人といわれる人たちは私利私欲のためにお金お金〜!っていっている金の亡者たちで、なんときたない人たちなんだという風に思っていました。

お金の話を頻繁にする人たちをどこか軽蔑するというか、そういう話をすることはよくない!自分は無垢でピュア!くらいに思っていたんです。

ビジネスを学び出してからその考え方はガラリと変わりました。

ものを買わないと生活できないという今の世の中では、基本的に自分たちはビジネスなくして生きていけない。便利な公共施設も家もレストランも服も家も海外旅行も便利に過ごせているのは、政治家のおかげでもなんでもなくそれを作ろうと想像して実際に作り上げてきたビジネスをしてきた人たちのおかげ。

すべての人がそうとは言いませんが、少なくとも歴史に名がのこっている偉人といわれる人たちは、世の中を自分が生まれてきたときよりも少しでもよくしようと人生を捧げて生きた人たちが多いんだろうなぁと。

豊田佐吉記念館とスズキ歴史館でいろいろ見ているうちに、気がついたら感動して泣いている自分がいました。

自分の仕事に情熱をもち、世の中の人のために挑戦し続ける様子は本当にかっこよく、純粋で泣けます・・・。

豊田佐吉記念館

豊田佐吉記念館

豊田佐吉記念館の資料室では15分くらいのビデオを3本くらい見られます。

豊田佐吉記念館2
豊田佐吉の木像

豊田佐吉さんと佐吉さんの母親の木像です。二人とも骨太な感じで異様な存在感でした。

豊田佐吉の生家

スズキ歴史館

スズキ歴史館中 スズキ歴史館中2

とくに気に入ったフレーズはこれです↓

どう考えてもやっぱりやらなきゃいかん

スズキ記念館の中ではこのように歴史を学ぶことができます。

今回、豊田佐吉記念館とスズキ歴史館に行ってみてあらためて思ったのは、大きく貢献している経営者は皆共通して「世界をよりよくしよう、人のために」という精神が一貫しているなということでした。

その純粋に人のために仕事をしている姿に最近はとても感動しちゃいます〜。

豊田佐吉紹介

今日も読んでいただきありがとうございました^^

 

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です