おそらく今年最後になるであろう色彩選別機での調整作業をしました。

秋の花

一時期のことを思うとずいぶん緩やかになりましたが、お米のご注文を引き続きいただいています。 どうもありがとうございます!
今日は写真をまったくとっていないので、最近撮った写真を適当にいれます。

10月の終わりにの調整作業で準備していた販売用のお米がなくなったので1ヶ月ぶりに選別作業をしました。
ピカ選という色彩選別機を導入してはや1年半。
最初は作業をするたびにバッタバタしてつかれきっていたものですが、だいぶ慣れてきました。効率も心持ちあがってきたように思います。やはりやればやるほどですねえ。
色選作業の流れとしては、虫に食べられているものや、緑色の未熟米、やけ米などを取り除くために2〜3回通します。
それから「しらた」といわれる食味がよくないものをとります。これをだいたい1〜2回。
使い始めのころだと一度の作業で5時間半〜6時間半かかっていたのが、スムーズにできるようになって作業自体は半分ほどの時間でできるようになりました。

それはいいんですが、実は掃除に1時間〜1時間半くらいの時間がかかってしまっています。
お米が残っていると虫がわく原因になるので、機械の部品をかなり細かくバラして徹底的にやっています。特に色選はお客様の口に入る手前になる作業なのでがんばってます。
作業自体は楽しいんですが、掃除が億劫になることも、、、。
でもこれが最高のお米を届けるためのもっとも大事な作業の一つなので基礎に飽きず楽しんでやっていきたいと思います^^

先週はなんと、お客様から直筆のお手紙をいただきました!
おかずがなくても美味しいご飯。探していたお米がとうとう見つかりました。というような嬉しすぎるお言葉の数々。。。。。
嬉しすぎて涙が出るほどでした。このようなお客様の言葉が、来年もより良いものを作るために頑張るぞ!というモチベーションになります。ほんとうに。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました^^

松ぼっくり

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です