無農薬、無除草のお米作りをはじめて今年で4年目。〜ふりかえり〜

本格的に米農業と向き合い出して今年で5年目。無農薬米作りは今年が4年目になりました。

一年目は父親にいわれる通りにやり。その中で自分がやりたい農業というのはどういうものかなと考えでてきたことが農薬や除草剤を使わない農業でした。

いくつかの同じような考えをもっているコミュニティに参加しながらこういう農業は本当にできるのかを体験してきました。
自然農コミュニティ
自然農コミュニティ

最初の年は誰かに教わるというよりも、あくまで自己流で。

苗作り

竹パウダーを下に敷きつめて、畑の土を使って。肥料はなし。などなど手探りもいいところ。

1年目稲刈り

米糠の力はどれほどかと試した結果がこの草。

1年目稲刈り

あまりの草と地面の条件で数日ねばりましたが、稲刈りを断念した初年度。

除草作業

田車をおしての除草作業。

1年目の天日干し

つっこみどころ満載の1年目の天日干し

2年目の天日干し

師匠との出会いで劇的に変わった天日干し作業

農林22号
そして、去年の背丈ほどもスラッと伸びた農林22号。
こうやって振り返ると、師匠をはじめ、人との出会いがどれほど大きかったのかがわかります。そこに自分で経験したことや、ポリシーも反映された木下農園の米作りができあがってきたんだなと思いました。

この時期になってくると、早く米つくり始まらなんかな〜と思っている自分がいたりします。人って変わるんですねえ。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました^^

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です