竹パウダー実験中!発酵させる方法もいろいろで、、。

竹パウダーでいちご畑を覆っています。

竹パウダーとの関わりがはじまって早1年。発酵させるにもコツがあることがわかってきました。

主に米つくりと草の抑草に使うことを考えていましたが、去年の秋から少しだけですがイチゴを植えたりしています。

今月末には肥料のパターンを変えてトマトを植えようと思ってます。

今までは本やインターネットからの情報で、竹パウダーの発酵はビニール袋にいれて、空気を抜き、嫌気性乳酸発酵を主にしていました。

竹パウダー発酵

同じ時期に、同じ方法で袋にいれたものも、腐敗臭のようなにおいになるものや、菌が異様に発生するものなどとばらつきがすごいんですね。

乳酸菌以外の菌は、笹についていたものだったりするみたいです。

竹の稈の部分だけを粉砕したものは混じりっけなしな感じの黄色に。

竹パウダー

笹をいれない竹パウダーは嫌気性発酵させると、1ヶ月たっても乳酸菌の甘い香りがします。

笹も一緒に粉砕したものだと、乳酸菌以外のものもあるのでどうやら発酵が早く、ちょっとおかしいにおいになる傾向があるようです。

発酵させる目的は、少しでも早く土へもどれる状態にするためなので発酵が早いのはいいんですが。正直使う時期の見極めが難しい気がします。

嫌気性発酵はどうやら管理に経験と技がいる。温度、水分量、入っている菌の種類など。

この間、父親が米の保存に使う袋に竹パウダーをいれたところ、、、いい感じで乾燥した竹パウダーになっていました!

乳酸菌は好気性発酵、嫌気性発酵両方いけるのは知っていましたが、こうもうまくいくとは!

紙の米袋だといい感じで空気が出入りするんでしょうね。

ビニールにいれたときよりばらつきが少ないです。1ヶ月たつとにおいは、秋の枯れた葉のような感じです。

まだまだ未知のところはありますが、土に悪い影響はでにくい資材のようなので、秋からいちご作りに使っています。

米ぬかと竹パウダーを土にいれて浅く耕し、その上からさらに米ぬかと竹パウダーをおきました。

冬の間に何度か竹パウダーを保温と抑草目的で2センチほどの厚さでまきました。

竹パウダー

今は保湿の役目もはたしてくれています。抑草効果を期待するなら10センチほどの厚さでまくといいようです。

2センチほどの厚みだと抑草効果はまずまずといったとこですね。

これからの季節は、米つくりと合わせて竹パウダーの実験もどんどんやっていこうと思います^^

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました〜^^

淡路島国営明石海峡公園

淡路島の国営明石海峡公園のチューリップ。違う色がひとつ混ざると特別になりますね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です