田植え後50日。中干しをするかわりに、、、。

農林22号

ここ最近なかなか晴れの日がなく、中干しをどうしたものかと思っていましたが。やはりやらないことにしました。中干しはどー考えてもした方がいいんですが、草が増えるであろうことと、しなかったらどうなるやろうという好奇心もあるので。これは初めての試み。どうなるやろ〜。

コシヒカリ

田んぼの端の方から水が乾いていく傾向があるんですが、こんな感じで草が生え出します。今水を抜くとこれが全面に行く可能性アリ!

農林22号田んぼ

中耕除草機で走ったところは見事に生えてません。通っていないところは田んぼによりますが、わりとでてるとこもあります。ただ、稲の方がすでに強いので負けることはもうないです。

ということで、この時点で土を乾かさない代わりに、自然の鉱物からできている窒素を含まないミネラル資材をいれて対処してみることにしました。


目的は、ケイ酸とマグネシウムを丁度今の稲の転換期に効かせて茎を硬くして倒伏しないように応援してあげることです。
今月中に天気がよくなったら特に土質のやわらかくて、晩生の田んぼはしてみてもいいんですがね。天気次第です。
はてさてどうなるやろう。倒れなかったらええなあ!!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました^^

畦草刈り

畦から紀州スズメノヒエが絶え間なく入ってくるので、このあたりの草刈りはわりとこまめにやってます。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です