日本古代稲研究会主催。古代稲の集いに参加してきました。

12月ぶりの東京。今回もお米の師匠増田さんからお誘いを受け勉強のために東京にやってきました。

古代米にさまざまな形で関わる方々を全国からお招きしての大きなイベントでした。朝の準備から関われたおかげでより密な時間をすごせたのはよかったです。

印象にのこったのは、農業をやる上では、自分はこうしていくというポリシー。生き様のようなものに結局戻ってくるということ。なんでもそうだとは思いますが確固たるそこなんやなあと。

出先で、スマホでの更新は限界があるので後日もう少し詳しく記事に残しておきたいと思います。

もうちょい綺麗にもればよかったー

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました^^

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です