除草作業時の頼れる味方!

農林22号田んぼ

除草作業の真っ只中です。
田んぼの中もそうですが、外からはキシュウスズメノヒエという稲科の強力な草が入ってくるのでこまめにとったりしています。ちょくちょくとやってきた欠株植えもそろそろおわりの時期です。

先週中耕除草機が故障して、すぐに帰ってきたのですが2条用の除草機で一列ずつやっていくことに限界を感じていて、いろいろ調べて5条用の中耕除草機を導入しました!!
木下農園の田植え機はみのる産業のポット苗で行うので株の間の距離が通常よりも3センチ広い33センチ。
それに合わせて若干のカスタマイズが必要でしたが、注文からわずか1日で届き(クボタさん仕事早すぎ!)早速働いてもらってます!
水田中耕除草機

重い!でかい!というのが最初から今までの印象。旋回のときと、田んぼの移動の際常に持ち上げて歩くんですがこれは、、、。筋力をこの時期に向けてつけないと、、。
今までの2条用が16キロ程。計っていないですが20キロ近くはあると思います。これに泥土や草がついてくるので作業中は汗だく泥だく。
ただ使ってみて重さ以上にメリットが多いことがわかりました。

田んぼを掻き回すローターを以前使っていた14センチから18センチにしたことで、一度通っただけでも十分に除草効果がえれるようになりました。5条にしたことで作業自体が3分の1くらいの速度でできています。燃料も3分の1位ですんでます。ただ、田植え機は4条植えなので気を配りながらやらないと稲の上を通ってしまうこともあります。
2条用で泥田を機械の速度に合わせて何度も歩き回るのは本当に苦行だったので、その回数が大幅に減ったのは助かります。
いや〜久しぶりに本当にいい買い物をした気分です^^
しかし筋力をつけねばな。
ちなみに今まで使ってきた2条用は5条用では入っていけないような所で引き続き活躍してもらえるでしょう〜。

1回めの除草はおわったので、時期をみて順番に2回めをやっていきます。この時期がこれからの稲の成長を決める大事な時期でもあるのでがんばります〜。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました^^
農林22号田んぼ

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です