種籾を10度以下につけること19日。明日から催芽作業にうつります。

水につけた種籾

3度以上〜10度未満の冷水でつける作業が明日おわります。
最初の3日間は毎日水を変え、その後は2、3日に一回水を変えました。

とにかく温度が下がりすぎないように、上がりすぎないようにと毎日十数回は温度をチェックしながら20日間がすぎようとしています。夜通し温度を見ているわけにもいかず、でも種籾を浸けているコンテナーの底と表面では温度が違うわけで、上面の種籾だけが冷たくなったらどうしようとか考えていると心配で居ても立っても居られないことなどがあり、、。
簡単なものですが、水槽などにいれる水を循環させるものを買いました。通販で約1,000円なり。

水につけた種籾

なぜに今までこんな便利なものをつけなかったのか?というくらい悩みが一気に解決しました。

USB端子なので、モバイルバッテリーとかにもつなげることもでき、省電力。
水がいい感じで循環して温度をほぼ一定に保ってくれています。
これで来年はもう少し安心した気持ちで寝れます。

種まき作業が今週末にせまってきました。
苗床となる元畑は今こんな感じです。
苗床
しろかきをしたことで綺麗に平になりました。
もう少し地面が乾いたら通り道を耕運機で作る予定です。
いよいよです〜

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました^^
春の花

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です