【農林22号】出穂期に入り、穂がほぼ出揃いました。

農林22号

先週はぼちぼち出穂かな〜くらいだったんですが、大きくなりだすとあっという間!

農林22号

丁度、花がでたときは田んぼにスマホをもっていってなかったので、写真は無いんですが今年もかわいらしい小さい花がでてました。この時期にはあまり田んぼにはいるといけないといいますが、そうこうしてたら今度はヒエが。

こうやってみると、農林22号。やっぱりでかい!背が高い!

農林22号

とりきれなくなった背の低い草はどんどん目立たなくなるほどに成長!

入ってみるとすでに胸のところくらいまでの高さになってます。

コシヒカリの親である農林22号は今行われている慣行農法でやると倒伏するといわれています。

この田んぼは少なくとも3年以上は放棄されていた土地なので、肥料をほとんどいれなくても肥えてるんですね。

このあとは25日間は水を切らさないように気をつけます。お米が大きく育つ大切な時期です。

こちらは黒米

こちらは黒米いい感じで穂が垂れ下がってきてます。

山田錦

山田錦も出穂がはじまってます。

こんな感じで、こないだ田植えをした気がするんですがね。早い。

田植えに向かって順調〜。

あまりに生えすぎた草はしょうがないですが、ヒエやとれる草はこまめに取り続けていきます。

美味しいお米になりますように。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました^^

農林22号

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です