黒米をバインダーで収穫し、稲木掛けしました。

稲木掛け

9月11日に黒米の収穫が終わりました。

今年も例年通り、山田錦を主として、コシヒカリ、黒米を作っています。

うちの家は乾燥も機械を使ってするのですが、その乾燥機を使うときに白米と黒米が混ざってしまうと、当然米が売れなくなってしまいます。

それを避けるために黒米の稲刈りはコンバインの小型バージョン的な「バインダー」での収穫です。

バインダー1 バインダーでの収穫
黒米稲刈り

刈った稲は後で稲木掛けしやすいように横によせます。

そして乾燥は太陽の光で自然におこないます。

これをこの辺りでは「稲木掛け」いなきかけとよんでます。

実はこの稲を干すための竿をかける柵つくりが結構な労働!^^

稲木掛けほぼ終了2

とくに学びだったのは紐の結び方でした!

37年間、ちょうちょ結びと固結び以外の結び方は知らずに、だましだまし生きてきましたが、農業をしだすとさすがにそうもいかないようです。父親に丁寧に教えてもらいました^^

紐の結び方

午前中、午後にわけての作業。

稲木掛けほぼ終了

終わる頃にはかなり真っ暗になっていました。

黒米収穫終了

稲刈りの季節の始まりです〜。

今日も読んでいただきありがとうございました^^

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です