田植え後36日。ウキクサ、サヤミドロなどの益草が目立ってきました。

農林22号

 田植え後1ヶ月も過ぎ、しっかりと根を張り大きく育つ稲をますます愛おしく思うようになってきました。田植え後から少しずつ増えてきたウキクサがここにきてさらに多くなってきたような感じです。
稲の成長にとってはまったく無害。それどころか太陽の光を遮断してくれるので抑草にも役立ってくれる強い味方です。ウキクサ    このウキクサやサヤミドロが田植え初期からでてくれだすのが結構理想としている田んぼの姿やったりします。
 生き物たちもどんどん増えてきていい感じ。稲の間の草はやはり大きくなってきています。下の田んぼへの中耕除草は結局しないことにしました。2回で普通に抑えられている感じです。農林22号  今週は地道な草抜き、山田錦の田んぼのことをやったりしてました。分蘖の量が少ないような気がしたので今週も米ぬかベースの有機肥料をすべての田んぼに20キロずつだけですが入れてみました。
 肥料過多だと倒れやすい品種なのでこの辺はむつかしいところ。来年以降は外から入れる肥料は最小限に、さらに地力を増やすようにしていこうと思っています。コシヒカリ今日も最後まで読んでいただきありがとうございました^^

 

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です