竹パウダーを利用して畑用の堆肥作りをはじめました。

竹林

基本的に自分は米農家と思っていますが、去年から畑の方も少しずつですがやり始めています^^
使っている畑がもともと田んぼだったこともあり、粘土質で向いている作物とそうでないものもあったり、せっかく植えたものも何故かなかなか育ってくれなかったり。わからなすぎて年末に土壌調査をしてもらいました。

まず見えてきたのは腐植が全くもって足りていないということがわかりました。
そこで去年はほとんど出番が無くなっていた竹粉砕器に活躍してもらうことにしました。奥さんと二人で借りている土地の整備も兼ねて竹切りです。
今まで竹切りは一人でやり、粉砕器をつかうときは父親とやっていましたが、今年からは奥さんと二人作業。
いや〜〜〜。ほんまによく動いてくれて。というか楽しんでやってくれて。二人でやる作業は早い。奥さんの背中から学ぶことも多いです^^ほんまに有難い。

スムーズに竹パウダーは作れて、それを土、竹パウダー、水、土というふうに段々に積み上げて堆肥にしました。
竹パウダーをいれた堆肥作り
発酵には水、空気、土着菌などの微生物、そして温度が必要です。
なので冬場にすぐ堆肥ができるわけではないのでまあ気長に継ぎ足して堆肥の量を増やしていく予定でいます。

おいしい野菜作りの基本、土作り。試行錯誤しながらやっています^^

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました^^


この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です