来年の稲作用に緑肥蒔き

緑肥となるヘアリーベッチの種

木下農園のお米作りでは肥料になるのは緑肥です。
一昨年、去年とは蓮華が主だったのですが、今年はヘアリーベッチをメインにしてみようと思います。
理由は、やはり蓮華や他の緑肥とくらべて有機物の量が多いというのが大きいです。
蓮華は素朴で綺麗で大好きな花なので、今年は2種類をいれています。
もしかしたらどちらかが生えない可能性ありですが、、。

植える時期は蓮華は稲刈りの1〜2週間前に。ヘアリーベッチは自分が住んでいる地域だと10月中旬がいいみたいです。
普通はトラクターで耕起した後にまくんですが、できるだけ春までは耕起したくないので上からまいてみました。
覆土も鎮圧もなしなので、発芽率はどうなるでしょうか。まあ来年でなくても、再来年にでてくれるかもしれませんしね。
今はまだ緑肥を毎年まかないといけませんが、そのうちに蒔かなくても勝手に生えてくる循環ができてくると思います。
来年の4月5月にはどんな景色になっているか楽しみです^^

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました^^
アパートから見た月

 

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です