【オーストラリア旅行記:2016年3月2日】Murrami(マラミ)に移動。そして100acre(エーカー)の広大なコットンファームを見学

コットン

シドニーから電車で9時間内陸へ、Murrami(マラミ)にやってきました。

Peterと Lorettaの Bootさん夫妻。

ロレッタさんはオーガニックガーデンを。ピーターさんは100エーカーのコットンファームをしてはります。

コットンファーム

とにかく広大なコットンファームは圧巻。

初日にいただいた仕事はというと。。

家を出てすぐにある木の剪定!でした。

木の剪定仕事

これをだいたい2時間くらいで仕上げれたので次の仕事を聞くと「ゆっくりしたらいいよ」ってことで洗濯をすませ、おしゃべりしたり、荷物を整理するなどまったり。

洗濯

昼からはピーターさんがコットンファームをトラックで案内してくれました。

水の管理

畑の水管理です。

水管理2 コットン コットン中身 トラクター

案内が終わって家に帰ると四輪バイクでこの辺を走ってきたら気持ちいいよ〜といってくれたのでドライブに。

四輪バイクドライブ

出かけようとすると3匹の犬が必ずついてきました。

ピーター犬

このかわいい犬たちにいつまでもついてこられると困るのでいかに早く振り切って外にでていくか。

四輪と広大な土地

走れど走れど景色は変わらず。気が遠くなるほどの広さ。近くに山がないので空がひたすら広い!

ほんとーに気持ちよすぎました・・・・。

キッチン

夜は楽しく談笑。ここについて24時間も経っていないのにもんのすごい居心地よくなじませてもらいました。

きっと今までたくさんのwoofer(ウーファー)を受け入れてはるので、接し方がうまいんやなと思いました。

ロレッタ宅自室

さっそくちらかしかけてますが、使わせていただいた部屋はこんな感じでした。あまりに綺麗で素敵すぎてしばらくニヤけたほどです。

部屋の隅をみてみると何かが・・。

ドア止め

これはなにかなと思ったらドアを開けた時に止めておくための手作りの置物でした。

ドア止め2

かわいい!!

ゆったりと時間が流れるなかでここでも心を豊かにする日々は日常にこそあるんだろうなあ・・ということをブース夫妻の生活をみたり、農場をうろちょろしていて思いました。

今日も読んでいただきありがとうございました^^

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です