【ケアンズミュージアム】ケアンズの有名人が生きる伝説として展示されてました。

ジョノスさん

1870年からはじまるケアンズの歴史がコンパクトわかるケアンズミュージアム

ケアンズシティのほぼ真ん中にある博物館。

ケアンズミュージアム

入館料は10ドルで、日曜日以外の午前10時から、午後4時まで開いています。

ケアンズミュージアム

写真撮影とブログに載せる許可は得ましたが、唯一アボリジナル・ピープルに関する写真はNOです。

ディスカバーリアルケアンズということで、4つのセクションに別れています。

ケアンズミュージアム ケアンズミュージアム ケアンズミュージアム

ケアンズが発見にいたるまでの経緯や、サトウキビ、とうもろこし、バナナの栽培など昔の農機具などの展示もあります。

今でもケアンズの町から少し車で走ると、広大なサトウキビ畑やバナナ畑がありますがこのころにはじまったんですね。

残念ながら言葉は英語だけですが、いろいろ観て回るだけでも楽しめるとおもいます。クーラー効いてて涼しいし。

ケアンズミュージアム

ケアンズのプロバスケットチーム「ケアンズ・タイパンズ」

スタッフさん何人かとお話しましたが、親切すぎるくらい丁寧にお話してくださいました。ケアンズ自体日本人は多いですが、珍しがられて日本のことをいっぱい聞いてくれました。

以前住んでいた時から気になっていた、アボリジナル・ピープルという先住民族の現在の立ち位置や、雇用、教育など同じように受けれるのかなど。 理解できないところもありましたがたくさん話が聞けました。

ケアンズミュージアム テラス

外にでると休憩場所があります。

ケアンズミュージアム

街の中心が一望できて気持ちいい

ケアンズミュージアム

戦時中のことも大事な歴史の一部。 日本のことも書かれていました。

海外で聞く戦時中の日本と、国内の印象はいつもくいちがうところがあるんですよね。しょうがないか。

ケアンズミュージアム

個人的にびっくりしたのは、この方が展示されていたことです。

ケアンズミュージアム ジョノスさん

知る人ぞ知るケアンズのアイコン的存在のジョノスさんです。15年ほど前にはジョノスバーという店を経営しながら、毎晩のように演奏してはったんですが、今は路上にステージを移しがんばってはりました。

ケアンズミュージアム

生きる伝説と書いててこれはすごい!ということで、次の日街中を歩いてたらマクドナルドの前で歌ってはったのでさっそく声をかけてみました。

ジョノスさん

「昨日博物館にいったら、生きる伝説って展示されてたよ」っていったら嬉しそうに日本に行った話とか、昔話を聞かせてくれました。

別の日に前を通りかかると、演奏中でもこっちに気づくと「大阪!」とかいってくれるサービス精神。

ジョノスさん

なんとも雰囲気がロックって感じ!

これからもケアンズに行けばこの人あり!という感じでいてもらいたい方です。

すごいフレンドリーな方なんで、マクドナルドか、海沿いのラグーンプールで見かけたら声かけてみてください^^

きっとケアンズに来てよかったって思うと思います^^

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました^^

 

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です